忍者滞在時間
[PR] 忍者滞在時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコは男性の認知力低下と関連、英研究 AFPBBニュースより

その記事を抜粋します(修正記事もあります)

長期的に見て、

「喫煙者男性は非喫煙者男性よりも
精神機能が著しく低下する」


とした調査結果が、
6日の米精神医学専門誌
「アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリー
(Archives of General Psychiatry)」
に掲載された。

同様の関連性は女性には見られなかった。

長期間の喫煙の影響は、
以下になります。

・記憶力低下

・過去の経験を現在の行為と
 関連付ける能力の欠如、

・全体的な認知機能の低下

って形で現れたという。

ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ
(University College London、UCL)の研究チームは、
英国の公務員の男性5000人以上、女性2100人以上
(平均年齢56歳)を対象に、最大25年間追跡し、
この間に6回、喫煙状態を確認するとともに一連の
認知力テストを受けてもらった。

男性で喫煙者と非喫煙者を比較したところ、

喫煙はすべての認知力検査において、
精神機能の速い低下と関連していた。


近年(10年以内)にタバコをやめたという元喫煙者の男性でも、
認知機能が著しく低下するリスクは依然として存在したが、
(私もこれが引っかかるかもしれません)
タバコをやめて久しい男性では同様の認知力低下は見られなかった。

ニューヨーク(New York)にあるザッカーヒルサイド病院
(Zucker Hillside Hospital)の神経科長、
マーク・ゴードン(Marc Gordon)氏は、
「この研究は喫煙が脳に悪いことをはっきりと示している」と述べ、
「中年期の喫煙は修正可能なリスク要因だ。
この時期にタバコをやめれば、
認知能力の低下が遅れ、
脳年齢に(吸い続けた場合と)
10年程度の開きが出るだろう」と続けた。


なお、女性で同様の関連が見られなかった理由は不明だ。
研究者は、女性のサンプル数が少なかったことや男性の喫煙量が
女性より多かったことが関係しているかもしれないと指摘してる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事






メルマガ登録・解除
禁煙経験談を教えます、これから禁煙を検討してる方へ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

メルマガ登録・解除
 
最新コメント

上記メルマガはPC用、
下記は携帯用です。
両方とも読者募集してます。
ご登録心より
おまちしております。
検索フォーム
禁煙・節煙器具はこちらへ!電子タバコ!! 電子たばこのタバコ味を追求!よりリアルな味へ

m-cat
« BACK RING登録 NEXT »
 

URL

メールアドレス

相互リンク支援「KEYWORDSIX
プロフィール

カスタム1101

Author:カスタム1101
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ


禁煙暗示 《催眠誘導》
無理ない禁煙が目的で開発


↓↓↓↓↓
禁煙暗示 《催眠誘導》

禁煙!タバコから解放されよう
1,000円で禁煙が
実現できます


私が無料で!その場で!キッパリと!禁煙できた名案!

禁煙新選組―21日間でたばこを斬り捨てる

禁煙新選組―
21日間でたばこを
斬り捨てる


禁煙24・
24日間禁煙プログラム
の詳細です
参加ランキング
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。