忍者滞在時間
[PR] 忍者滞在時間

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙は、「時間の節約」にもなります。禁煙成功のきっかけにもなります


喫煙は時間も浪費してます。

禁煙後に気づきました。

今では喫煙に費やしてた時間を、

「寝る」「食事」などの自らが、

やらなきゃいけないことに、

時間をあててます。


スポンサーサイト

禁煙したら、時間効率もよくなります


喫煙するために、

喫煙場所までの移動って、

面倒じゃないですか?

私も喫煙者時代は、

これをつくづく感じてました。

「時間効率悪いな?」と

常に感じてました。

しかし禁煙してからは、

これがなくなったため、

時間効率がよくなり、

有効的に活用してます。

これも禁煙のメリット

でしょうね。


タバコは税収に貢献してるどころか、多額な損失を出してます


こちらの記事が、詳細になります。

よく喫煙者からは、

「タバコの購入で税金を払ってる」

って聞きませんか?

タバコによる税収は、

「2兆2,400億円」

とのことです。

「高額な税収」って思いますよね?

しかしちがうんです、

喫煙によるコスト、

つまりタバコによる全体的損失もあります。

その額はいくらかご存知ですか?

なんと、


「約6兆3,628億円(平成17年度推計)」


なんです。

その損失の内訳は、以下のとおりです。

超過医療費:1兆7,680.8億円

喫煙がもたらす火災の消防や清掃の費用:1,918.3億円

喫煙関連疾患による労働力損失と
火災による労働力損失などが2兆3,664.4億円。

約4兆3,264億円が喫煙によるコストだと推計されています。

さらに超過介護費や喫煙時間分の労働力損失が計上して、

上記の約6兆3,628億円になります。

さらに火災保険の損失も含めたら、

損失はさらに高いかもしれません。


火災の原因の上位に、

「タバコの火の不始末」と

「寝たばこ」が上位なのは、

ご存知ですよね?


今日で禁煙して10年になりました


早いようで短く感じます。

今では「非喫煙者」になってしまいました。

タバコの依存度は全くの無縁です。

「やればできる」とも気づきました。

今後も禁煙は継続します。

早い人は一週間!もう臭いと言われない!3ヶ月でスパッとやめた! 意思の弱い人ほど実践できる超禁煙術


早い人は一週間でやめることができます

もう臭いと言われない
3月でスパッとやめた
意思の弱い人ほど実践できる
超禁煙術をお教えします

実際に私が体験した方法でして、
現在禁煙1年88月目に突入しており、
飲み屋や喫煙所などに行っても
もう一切吸いたいと思いません。



無料ダウンロードが可能です、
ここをクリックしてください

米国で喫煙率の低下で、肺がんの死亡者が激減したとのことです


米国では、公共の場での喫煙制限・たばこ税の引き上げ・
たばこへのアクセス制限・たばこが健康に与える害に
関する啓発が進んだことで、
米国では1950年代半ば以降、
喫煙者数を減らすことに成功しました。
※日本もこれを手本にすべきかと思います。

1975~2000年の間で、
肺がんの死亡者を約79万人回避できたとのことです。
これはすごいかもしれません。
しかし肺がんは依然として大きな脅威とし、
禁煙に向けたさらなる対策が必要とのことです。

米国のたばこ税は、
連邦・州・市町村レベルで大幅に増税されるとのことです。
※「1箱1,000円」の地域もあるそうです。
禁煙対策が功を奏し、
たばこ規制の効果は高まっているとのことです。

喫煙習慣に対する新治療薬の開発・禁煙法・たばこ規制により、
職場や公共の場、さらに家庭における
受動喫煙から多くの人が守られたとのことです。

受動喫煙は脅威かもしれません。
これを極度に嫌う非喫煙者の方は
多いですからね。

とある非喫煙者のタバコを吸ってない理由は


「父親がヘビースモーカーのため、
絶対に喫煙はしない」


と決意したためとの事です。

その方の父親は、
「1日3箱以上吸ってる」
とのことです。
すごいと思いました。

自宅の部屋内では、
かなりの頻度で喫煙してたとの事です。
その部屋には入らなかったみたいです。

「タバコがいくらになれば禁煙する」って調査をジョンソンエンドジョンソンがやりました、その平均金額は


「853円」

とのことです。

これは19日に同社が運営する
「ニコレット禁煙支援センター」にて実施した
「喫煙者の意識調査」の結果とのことです。。
2010年10月のタバコ税増税から約1年が経過したことを受け、
喫煙者の習慣や意識の変化について調査したという。

同調査は、2011年11月15日~16日の期間に
ンターネット上で行われ、全国の男女316名から有効回答を得た。

最初に、喫煙者に対して
これまでの禁煙への挑戦経験を聞いたところ、
55.1%が「挑戦の経験がある」と回答。

挑戦回数は「1回」22.2%、「2回」19.0%、
「3回」6.3%、「5回以上」6.3%だった。

次に、上記設問の禁煙経験者174人に対して、
タバコ税増税を機に禁煙に挑戦したのかと尋ねると、
43.1%が「はい」、56.9%が「いいえ」と回答。
挑戦回数は「1回」57%、「2回」31%、「3回」8%となった。

続けて、タバコ税増税を機に禁煙に挑戦した人に対して、
禁煙はどれくらい続いたか質問したところ、

59%が「1週間以内」に、75%が「1カ月以内」に断念したことが判明。
断念した理由については、1位「禁煙によるストレス」65%、
2位「禁断症状」43%、3位「飲酒時」27%となっており、
多くの人がストレスやニコチン離脱症状に苦しんでいる状況がうかがえる。

喫煙者全員に、タバコを本当にやめるとしたらきっかけは何だと思うかと聞くと、
最も多かった回答は「健康上の理由」で63.6%。以下、「経済問題」41.1%、
「人生の岐路」29.4%と続いた。

また、自分の意志だけでやめることができるかと思うかと尋ねたところ、
「はい」は42.5%にとどまり、反対に「いいえ」の22.5%と
「どちらともいえない」の35.3%を合わせると、
6割弱がやめる自信がないと思っていることが分かった。

タバコがいくらになれば禁煙するかとの質問に対しては、
「500~600円未満」が最も多く37.0%。次いで「1,000円以上」26.9%、
「600円~700円未満」16.1%と続き、平均価格は「853円」だった。

禁煙のメリット、「時間の有効的活用」も発生します


これは禁煙後に痛いほど気づいたのです。

今まで喫煙に費やしてた時間は、
禁煙成功後は他の事柄に、
時間を費やせるようになりました。
これは事実に基づいた話です。

たとえば「仕事の休憩時間」です。

禁煙後は、喫煙に費やしてた時間が残ります。
これを読書や睡眠に変更できるのです。
「まさに禁煙成功のメリットである」と
気づいたのです。

「時間」と「時間配分」は大切ですよ。

分煙化がもたらすものをひらめきました、それは


「掃除が比較的やりやすくなる」


ですね。

吸殻は喫煙所内の灰皿にしか
集まらないためです。
掃除の軽減が実現できるって
思ったのです。

吸殻の散乱も防げるのです。

最新記事






メルマガ登録・解除
禁煙経験談を教えます、これから禁煙を検討してる方へ
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

メルマガ登録・解除
 
最新コメント

上記メルマガはPC用、
下記は携帯用です。
両方とも読者募集してます。
ご登録心より
おまちしております。
検索フォーム
禁煙・節煙器具はこちらへ!電子タバコ!! 電子たばこのタバコ味を追求!よりリアルな味へ

m-cat
« BACK RING登録 NEXT »
 

URL

メールアドレス

相互リンク支援「KEYWORDSIX
プロフィール

カスタム1101

Author:カスタム1101
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ


禁煙暗示 《催眠誘導》
無理ない禁煙が目的で開発


↓↓↓↓↓
禁煙暗示 《催眠誘導》

禁煙!タバコから解放されよう
1,000円で禁煙が
実現できます


私が無料で!その場で!キッパリと!禁煙できた名案!

禁煙新選組―21日間でたばこを斬り捨てる

禁煙新選組―
21日間でたばこを
斬り捨てる


禁煙24・
24日間禁煙プログラム
の詳細です
参加ランキング
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。